香川照之『日本沈没』の“怪演”が話題 異端児・田所雄介役は「大和田常務とは別のベクトル」「いい味出してる」の声 – 記事詳細|Infoseekニュース

ドラマ
香川照之『日本沈没』の“怪演”が話題 異端児・田所雄介役は「大和田常務とは別のベクトル」「いい味出してる」の声 – 記事詳細|Infoseekニュース
俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜後9:00)の第1話が10日、放送された。ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす地震学者・田所雄介役の香川照之の演技に注目が集まっている。【写真92枚】第1話の見どころを場面カットで紹介!原作は幾度となく映像化されてきた1973年…

内容紹介(出版社より) 伊豆諸島・鳥島の東北東で一夜にして小島が海中に没した。現場調査に急行した深海潜水艇の操艇者・小野寺俊夫は、地球物理学の権威・田所博士とともに日本海溝の底で起きている深刻な異変に気づく。折から日本各地で大地震や火山の噴火が続発。日本列島に驚くべき事態が起こりつつあるという田所博士の警告を受け、政府も極秘プロジェクトをスタートさせ、日本人を全員海外へ移住させるべく、極秘裏に世界各国との交渉に入った。小野寺も姿を隠して、計画に参加するが、関東地方を未曾有の大地震が襲い、東京は壊滅状態となってしまう。そして日本沈没の日は予想外に早くやってきた。日本人は生き残れるのか。全国民必読。2006年夏公開、話題映画の原作。



内容紹介(「BOOK」データベースより) とにかくその日が来る前に。政府は日本人全員を海外へ移住させるべく、極秘裏に世界各国との交渉に入った。田所博士は週刊誌で「日本列島は沈没する」と発言して、物議をかもしていた。小野寺は極秘プロジェクトからはずれて、恋人・玲子とともにスイスに旅立とうとするが、運悪く玲子は、ついに始まった富士山の大噴火に巻き込まれ行方不明となってしまう。そして、日本沈没のその日は予想外に早くやってきた。死にゆく竜のように日本列島は最後の叫びをあげていた。日本人は最悪の危機の中で、生き残ることができるのか。未来をも予見していた問題作。



内容紹介 樋口真嗣監督、完全監修!! DVD3枚組+オリジナル・アイテムをセットした 初回限定豪華スペシャル・コレクターズ・エディション!! 本篇のほか、2種の音声解説、3時間を超える特典映像を収録、さらに 樋口監督の撮影台本を忠実に再現したレプリカ等、オリジナル・アイテムを封入した ファン垂涎の初回限定豪華スペシャル・コレクターズ・エディション!\” 原作「日本沈没」は、作家・小松左京が1973年3月に発表し、一大ベストセラー(現在までに400万部を突破)となったもの。当時、この勢いに目をつけた東宝は、日本映画史上最高5億円という巨費を投じて映画化、翌年のお正月映画として73年12月29日に公開し、国民的大ヒットを打ち立てた。さらに映画の公開と前後してのラジオドラマ化、コミック化。また映画公開の10ヵ月後にはTBSで半年間全26話にわたるテレビドラマ化が開始されるなど足掛け2年におよぶ「沈没」ブームが巻き起こったのである。現在ののように出版・映画・テレビなどがメディアミックスしてプロモーションを行う前例のなかったこの時代において、それはまさに異例の事態だったのだ。 あれから33年・・・・・ まったく新しい形=現代を背景に、いま伝説の作品が甦った。 監督は2005年、圧倒的なビジュアルセンスで日本映画界を驚かせた作品『ローレライ』で長編監督デビューを果たした樋口真嗣。当時8歳の彼が、映画界を目指すきっかけとなった作品が実は1973年の映画『日本沈没』。まさに血となり骨と成った作品のリメイクとなる。 主演は『黄泉がえり』『ホテルビーナス』でも高い演技力が評価された、日本のエンターテインメント界をリードするSMAPの草? 剛。今回は潜水艇のパイロットという体力的にもハードな役柄に挑む。ヒロインには、美しさだけでなく、独特のオーラを放つ柴咲コウ。トラウマを抱えたハイパーレスキュー隊員というキャラを演じることが出来る女優は、彼女をおいてほかに想像できない。その他キャストも現在、日本映画でこれ以上望めない超大作にふさわしいメンバーが集結した。 デザスターシーンはもちろんのこと、危機管理考察と徹底した検証をもとに国土が沈没していく過程を、自然・政治・経済ほかあらゆる角度から描いていく。特に、驚愕のエフェクトシーンの再現には特技統括・尾上克郎、特撮監督・神谷誠以下、日本を代表する屈指のVFXスタッフが集結。また、撮影協力として防衛庁、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、東京消防庁と海洋研究開発機構(JAMSTEC)が全面協力。二度とありえないであろう豪華な布陣で、リアリズムと臨場感を構築していった。 沈みゆく日本を前にして行動する主人公たちの姿に、あなたは何を想い、誰の姿を浮かべるだろうか?\” 潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫(草? 剛)は、地球科学博士・田所雄介(豊川悦司)の指揮の下、同僚パイロットの結城(及川光博)と共に深海調査に参加していた。その結果、小野寺は驚愕の事実を知る??海底プレートの急速な沈降で、日本列島はわずか1年後に沈没する。 日本の危機を訴える田所に、ほかの科学者たちは「聞くに値しない妄言」と一蹴する。しかし、内閣総理大臣・山本尚之(石坂浩二)は事態を重く受け止め、危機管理担当大臣として鷹森沙織(大地真央)を任命する。鷹森はかつての田所の妻でもあった。山本総理は避難民の海外受け入れ要請のために旅立った。 時を待たず、北海道を皮切りに九州から内陸へと地殻変動の波が日本列島全土に襲いかかる。非常事態宣言が発令され、退路を求め逃げ惑う人々。非難計画を急ぐ鷹森の努力も空しく犠牲者は増大するばかりであった。 一方、小野寺は災害の中で、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子(柴咲コウ)と共に、家族を失った少女・倉木美咲(福田麻由子)を救出する。阪神大震災で家族を失った玲子は美咲を引き取る。小野寺も、美咲を励ますために玲子のもとに足を運ぶ。災禍の中で出会った三人の間に堅い絆が生まれ、小野寺と玲子は互いに心惹かれていく・・・。 刻一刻と迫る日本列島の終焉を前に、1億2000万人の日本人は、史上最大の国難を前に一体どこに向かえばいいのか? いま、日本人の存亡をかけた、壮烈な挑戦が幕を開ける




トレンドニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


ドラマ
「ドラマ」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました