工藤会トップ、死刑言い渡しの裁判長に「生涯後悔するぞ」と大声…ナンバー2は「東京になって良かったね」 – 記事詳細|Infoseekニュース

ライフ
工藤会トップ、死刑言い渡しの裁判長に「生涯後悔するぞ」と大声…ナンバー2は「東京になって良かったね」 – 記事詳細|Infoseekニュース
特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)総裁の野村悟被告(74)に死刑判決が言い渡された。午前10時に福岡地裁で始まった判決公判は、主文の言い渡しが後回しとなり、判決理由から述べられた。野村被告は認定事実が読み上げられる間、ときおり首をかしげ、隣にいた田上被告は苦笑いを浮かべるなどしていた。ところ…

内容紹介(出版社より) 脅迫・銃撃・放火・殺人・手榴弾 全国唯一の特定危険指定暴力団・工藤會。その壊滅に警察官人生をかけた元刑事の、30年余にわたる戦いの軌跡。 「いいヤクザなどいない。マシなヤクザがいるだけだ」 警察官人生の半分以上を暴力団対策、とりわけ凶暴として知られた北九州の工藤會対策に従事した刑事がリアルに明かす、暴力団との戦い。 修羅の国・北九州市ーーここを根拠とする暴力団・工藤會は、その凶悪さで全国に名をとどろかせていた。興した事件は殺人、銃撃、糞尿まき、一般人襲撃、手榴弾投げ込み事件に至る。工藤會壊滅を目指した福岡県警は、試行錯誤を繰り返しながら捜査の手を強めていく。ただ発生した事件を取締るだけの繰り返しでは、壊滅できない。暴力団を社会から排除するべく、市民と共闘し地域で戦う。資金源であるみかじめ料を断つため、建設業者など関係の深い企業に働きかけていく。そして工藤會トップへの頂上作戦。 本書は二部構成をとっており、第一部は現場を指揮した捜査官が暴力団犯罪との闘いを振り替えるドキュメント。第二部では、これからの時代にいかにして暴力団と戦うべきかを指南する市民のための対策マニュアルだ。 (目次) 第一部 工藤會vs福岡県警 一 取り締まりあるのみ、の時代 二 工藤會壊滅を目指して 三 市民と共闘の時代へ 四 工藤會頂上作戦 第二部 暴力団vs市民 一 暴力団は今も脅威か? 二 市民が暴力団に狙われたら? 三 令和の暴力団との戦い 四 ヤクザと刑事



にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました