太平洋航海中、硫黄島噴火遭遇を間一髪で免れた辛坊治郎「このところちょっと日本列島が不安……」 ~熊本 阿蘇山で噴火発生 – 記事詳細|Infoseekニュース

ライフ
太平洋航海中、硫黄島噴火遭遇を間一髪で免れた辛坊治郎「このところちょっと日本列島が不安……」 ~熊本 阿蘇山で噴火発生 – 記事詳細|Infoseekニュース
キャスターの辛坊治郎氏が10月20日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」に出演。この日の阿蘇山の噴火を受け、日本周辺での火山噴火の連続について語った。噴煙を上げる熊本県・阿蘇山の中岳(共同通信社ヘリから)撮影:2021年10月20日午後1時8分写真提供:…

内容紹介(出版社より) 西暦20XX年、有史以来初めての、しかし地球誕生以降、幾たびも繰り返されてきた“破局噴火”が日本に襲いかかる。噴火は霧島火山帯で始まり、南九州は壊滅、さらに噴煙は国境を越え北半球を覆う。日本は死の都となってしまうのか? 火山学者をも震撼、熱狂させたメフィスト賞、宮沢賢治賞奨励賞受賞作。(講談社文庫) 各紙誌絶賛の超弩級クライシスノベル! 「精密予測 うなる専門家」–朝日新聞 「学者たちが舌を巻くリアルな描写」–毎日新聞 「破局を超えて、日本再生の道を示しているところがいい」–AERA 西暦20XX年、有史以来初めての、しかし地球誕生以降、幾たびも繰り返されてきた“破局噴火”が日本に襲いかかる。噴火は霧島火山帯で始まり、南九州は壊滅、さらに噴煙は国境を越え北半球を覆う。日本は死の都となってしまうのか? 火山学者をも震撼、熱狂させたメフィスト賞、宮沢賢治賞奨励賞受賞作。 「著者の石黒が、現在も未来もこの大火山列島に住む日本人のすべてに届けと鳴らした警鐘である。まちがいなく本書『死都日本』は、小松左京『日本沈没』(1973年)以来の国民的大災害小説(ディザスター・ノベル)として永く記憶されることになるだろう。」–<佳多山大地(文芸評論家) 解説より>




トレンドニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

ライフ
「ライフ」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました