滝藤賢一 衝撃受けた養成所同期の女優「スタイルも声も」「誰が見ても思うくらい、スゴかった」 – 記事詳細|Infoseekニュース

俳優
滝藤賢一 衝撃受けた養成所同期の女優「スタイルも声も」「誰が見ても思うくらい、スゴかった」 – 記事詳細|Infoseekニュース
俳優、滝藤賢一(44)が21日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。その存在感に驚いたという“同期女優”の存在を明かした。幅広い役を演じる人気実力派は、21歳の時に仲代達矢(88)が主宰する俳優養成所「無名塾」に入塾した。当時、入塾希望者が1000人ほどおり合格者は「数人だった…

ストーリー 尾崎俊介(大西信満)と妻のかなこ(真木ようこ)は、緑豊かな渓谷で暮らしている。/そんな長閑な町で起こった幼児殺害事件は、その実母が実行犯として逮捕されるというショッキングな結末で収束へ向かっていた。/しかし、事件は一つの通報により新たな展開を見せる。/実行犯である母親の共犯者として俊介に嫌疑がかけられたのだ。そしてこの通報をしたのは、妻かなこであった。/なぜ、妻は夫に罪を着せたのか。/事件の取材を続けていた週刊誌記者の渡辺(大森南朋)は、必要以上の生活品も持たず、まるで何かから隠れるようなふたりの暮らしに疑問を抱く。そして、衝撃の事実を知る。15年前に起きた残酷な事件の加害者が俊介であり、かなこが被害者だったのだ。/果たしてこの関係は憎しみか、償いか、それとも愛なのか。 『さよなら渓谷』 愛か、罪か。/「悪人」吉田修一が再び放つ、男と女、極限のラブストーリー/「私たちは、幸せになるために一緒にいるんじゃない。」/被害者の女と加害者の男。/事件から15年、女はその男と生きることを選んだ。/映像化不可能と言われた「悪人」吉田修一の新たな問題作に、監督・大森立嗣が挑む/原作は、「パレード」「悪人」「横道世之介」など、国内外から高い評価をうけている芥川賞作家・吉田修一の長編小説。数々の映画化による原作の力は既に不動のものだが、今回はその巧みなストーリー展開から、「映像化不可能」と言われていた。原作に惚れ込み、メガホンをとったのはベルリン国際映画祭招待作として上映された『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』、『まほろ駅前多田便利軒』で熱烈な支持を得ている大森立嗣。原作者が「極限の愛の形を見たような気がした」と語り、監督が「ふたりの、愛のようなものが生まれる瞬間に触れたかった」と語るとおり、灼けつくような男女の緊張感が迫ってくる。さらにエンディングに流れるのは、椎名林檎が生み出し、真木よう子が歌うという念願のタッグも実現した「幸先坂」。かなこの心情を明かすようであり、物語の続きを思わせる余韻を残している。原作、演出、楽曲-最強のコラボレーションで描かれる男と女の謎は、見る者を挑発する。/真木よう子が渾身の力を注ぎ、体当たりの熱演!/主人公・かなこを演じるのは映画・テレビで数々の話題作に出演する真木よう子。7年ぶりの単独主演作となる本作では、憎しみと愛情の狭間で揺れ動く女性を官能的に、繊細に演じきっている。主人公への同化はすさまじく、表情を見るだけで心の動きが見て取れるほど。また、夫・俊介を演じるのは『赤目四十八瀧心中未遂』『キャタピラー』で鮮烈な印象を残した大西信満。夫婦の過去を探る記者・渡辺は大森南朋が確かな演技力で押さえており、本格的な兄弟タッグ作としても注目だ。その他、渡辺の相棒役として事件解明に活躍する鈴木杏、かなこへの執着心を持つ元夫に井浦新、俊介の同輩で今や大企業の取締役に新井浩文、そして渡辺との不和を解消できない妻に鶴田真由が揃い、息もできない物語のドラマを盛り上げている。

スタッフ&キャスト

大森立嗣(監督)、吉田修一(原作)、高田亮(脚本)、大森立嗣(脚本)、平本正宏(音楽)、細野義朗(製作)、重村博文(製作)、小西啓介(製作)、高橋樹里(プロデューサー)、森重晃(プロデューサー)、村岡伸一郎(ラインプロデューサー)、大塚亮(撮影)、吉田憲義(録音)、黒川通利(美術)、早野亮(編集)、佐和田惠(助監督)、纐纈春樹(衣裳)、細倉明日歌(美粧)、湊博之(装飾)、佐藤祥子(音響効果)、近藤貴彦(製作担当) 真木よう子、大西信満、鈴木杏、井浦新、新井浩文、木下ほうか、三浦誠巳、薬袋いづみ、池内万作、木野花、鶴田真由、大森南朋




トレンドニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

俳優
「俳優」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました