金正恩氏に「イケメンになった」の声 パレード出席で注目、1年前の姿と比べると… – 記事詳細|Infoseekニュース

ライフ
金正恩氏に「イケメンになった」の声 パレード出席で注目、1年前の姿と比べると… – 記事詳細|Infoseekニュース
2021年9月9日、北朝鮮の金正恩総書記は建国記念の軍事パレードに出席した。北朝鮮メディアが様子を伝えた。報道を見た日本のツイッターユーザーからは、正恩氏の「見た目の変化」を指摘する声が聞かれている。昨年11月には「140キロ台」の報告も建国73年を記念したパレードは9日未明に行われた。パレードには…

内容紹介(出版社より) 金正恩の内政・外交を振り返り、正恩が米韓と周辺国の自由・民主主義・非核化の主張を巧みにかわしてきたことを明らかにする。 タイトルThe Hermit(隠遁者の、世捨て人の)Kingはその姿勢を表す。正恩が狂った「ロケットマン」ではなく、計算ずくで独裁者の地位を守ってきたことが示される。その正恩が国内経済の行き詰まりや海外から忍び寄る自由化を前に岐路に立たされ、今後どのような選択をするか、それが国際政治情勢との間でどのような相互作用を生むかを考察している。 【内容より】 金正恩は独裁体制を維持しつつ近代化を進め、大量破壊兵器を保有しながら米国と国交を正常化するという野望を抱いている。主体思想を強調していた父と違い、プラグマティックに行動。トランプとの米朝首脳会談にこぎ着け、自分の交渉力を世界にアピールしたが、非核化への道筋は示していない。自分にとって危険な張成沢と金正男を消し、権力基盤をますます固めた。 現在、米韓と北朝鮮には非核化に関する認識の違いがあり、そのため「完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄」はできない。また今後、中国が北朝鮮を支え、米韓を攻撃する事態もありうる。その時には米中関係がカギとなる。 激動の世界の中で、北朝鮮に残された3つの出口とは何か━━。 第1章 地上の楽園での生活 第2章 本物の金正恩氏はご起立ください 第3章 最高指導者の世界デビュー 第4章 新しい君主の誕生 第5章 金王朝と平壌の権力エリート層 第6章 戦争機械と核兵器 第7章 地域の大国と朝鮮半島 結 論 三つの選択肢




トレンドニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

海外
「海外」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました