『罠の戦争』エンディングの後ろ姿に反響「“戦争”は終わってない」「続編ありそう」 – 記事詳細|

ご訪問有り難うございます。
宜しくお願いいたします。

当ブログはプロモーションが含まれています

ayuichiをフォローする
ドラマ
『罠の戦争』エンディングの後ろ姿に反響「“戦争”は終わってない」「続編ありそう」 – 記事詳細|Infoseekニュース
俳優の草なぎ剛が主演する、カンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『罠の戦争』(毎週月曜後10:00)最終回第11話が、27日に放送された。最後のシーンで映された鷲津亨(草なぎ)と可南子(井川遥)の後ろ姿に反響が寄せられた。【場面写真】秩序を保つ”鶴”なのか…影に居座る元幹事長(岸部一徳)※以下、ネタ…


内容紹介

愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメント!

■2015年に放送された『銭の戦争』、2017年に放送された『嘘の戦争』に続き、6年ぶりの“戦争シリーズ”第3弾は、
弱者による強き権力者への復讐劇!愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、
悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメント!

■主演・草ナギ剛が演じるのは、“先生”である国会議員に尽くす議員秘書!
さらに、井川遥、杉野遥亮、小野花梨、高橋克典、片平なぎさ、岸部一徳ら個性豊かな豪華俳優陣が勢揃い!

■特典映像には、キャストの素顔や「罠の戦争」の仕掛けに迫る大充実のメイキング、ポスター撮影風景の他、
クランクアップ直後に行った草ナギ剛×井川遥×小野花梨×宮澤エマの座談会の模様を特別収録!
また、貴重写真満載のスペシャルブックレットも封入!

ストーリー

命をかけて尽くしてきた政治家に裏切られた議員秘書・鷲津亨。
ある日、突きつけられたのは、息子が瀕死の重傷を負う事件、そして“先生”からのその事件の“もみ消し”指示。
そして、思いもよらない「先生」の裏切りだった。
このまま全てを呑み込み、理不尽な要求を受け入れるのか?常に冷静沈着、何があっても感情を表に出さない彼もこの時ばかりは怒りを抑えきれない。
これまで、仕事のためには自分を殺し、我慢を重ねるのが当たり前だと思ってきた彼の中で、何かが大きく変わった。
“弱い者には弱い者なりの闘い方がある”-長い秘書生活で培った政治の世界での知略と人脈と情報を駆使し、
息子を重体にした“何者か”の真相を追いながら、権力を振りかざして事件を隠蔽しようとする国会議員へ壮絶な復讐を仕掛ける!

<キャスト>
草ナギ剛 井川遥 杉野遥亮 小野花梨 坂口涼太郎 白鳥晴都 水川かたまり(空気階段)
・ 小澤征悦 宮澤エマ 飯田基祐 ・ 高橋克典 片平なぎさ 岸部一徳

<スタッフ>
脚本:後藤法子
音楽:菅野祐悟
主題歌:香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」(Warner Music Japan)
プロデューサー:河西秀幸
演出:宝来忠昭
演出・プロデューサー:三宅喜重
制作著作:カンテレ


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

フジテレビ
「フジテレビ」の記事一覧です。
トレンド情報お届け! | トレンド情報・話題のエンタメ・気になるツイート



タイトルとURLをコピーしました