ブルーインパルスが都内で五輪マーク描いた! 予行飛行にネット民大興奮「何度見ても感動」「空を見上げるドキドキ最高でした!」 – 記事詳細|Infoseekニュース

ライフ
ブルーインパルスが都内で五輪マーク描いた! 予行飛行にネット民大興奮「何度見ても感動」「空を見上げるドキドキ最高でした!」 – 記事詳細|Infoseekニュース
東京五輪が開会する23日に東京都心を飛ぶ予定の航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が21日、予行飛行を実施し、白いスモークを使って五輪マークを描く練習を行った。ツイッターにはユーザーが各地で撮影した動画が次々と投稿されるなど盛り上がりを見せている。この日の昼過ぎ、ブルーインパルスは…

内容紹介(「BOOK」データベースより)

息を呑む曲技飛行と一糸乱れぬ編隊飛行の舞台裏。アクロバット飛行の秘密を科学的な視点から解説。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ブルーインパルスの基礎知識(ブルーインパルスとは?/部隊の設立目的と任務は? ほか)/第2章 ブルーインパルスの使用機(T-4の開発とその運用/T-4の性能と機体特性 ほか)/第3章 ブルーインパルスの飛行課目(飛行中の航空機に働く4つの力/3軸周りの運動と操縦システム ほか)/第4章 ブルーインパルスの歴史(F-86時代(創設期~1961年/1961~1981年)/T-2時代(創設期~1982年/1982~1995年) ほか)/第5章 海外の主要なアクロチーム(ブルーエンジェルス(米海軍)/サンダーバーズ(米空軍) ほか)



【ストーリー】
昭和39年(1964年)–アジア初となる東京オリンピックが開催されるこの年、東京はビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ちあふれていました。そんな中、東京下町の夕日町三丁目の住民たちは、5 年前と変わらず元気に暮らしています。茶川はヒロミと結婚し、高校生になった淳之介と3人暮らし。茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを勤める居酒屋が…。2階も増築しました。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が増える様子です。茶川は「冒険少年ブック」の看板作家として活躍していますが、新人・緑沼アキラに人気を奪われつつあり、焦った茶川はまたまたスランプ気味で…。一方、則文、トモエ、一平、六子が暮らす鈴木オートは順調に事業を拡大し、新たな従業員・ケンジも加わりました。後輩を厳しく指導する六子ですが、毎朝おめかしをして出かけていきます。それは通勤途中の医者・菊池孝太郎を待ち伏せて朝の挨拶をかわすためでした。それを目撃したたばこ屋のキンはいろいろお節介を焼きはじめますが…。そんな折、茶川のもとに父・林太郎の訃報が届きます。ヒロミを連れてお葬式に行った茶川は、父の真意を知ることに…。一方、六子は菊池とバカンスに行くところを丸山と吉田に見られて、則文はじめ鈴木オートは大騒動に。果たして六子と菊池の恋の行方は?父の思いを知った茶川の決意とは?



にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

関連カテゴリー記事

オリンピック
「オリンピック」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました